Body Care Navi

リンパマッサージでむくみの解消

マッサージでリンパの流れをよくしよう

人間のからだには、血液が流れる血管が全身にはりめぐらされています。それと同じようにリンパ液も全身にはりめぐらされています。
リンパ液は、主に老廃物やいらなくなったものを運搬するためのものです。からだが冷えていたり、むくみが生じていたりすることによって、この流れが悪くなると、とどこおってしまいます。マッサージをすることによって、リンパの流れをよくして、乳酸を流したり、疲労物質を流したりすることができます。
マッサージ師によってマッサージ店などで施術を受けるのもよい方法ですが、自宅でも自分で簡単に行うことができます。
その方法は、まずはお風呂にはいって体をあたためることです。お風呂のなかで行ってもよいですし、お風呂上りにでも、体のツボをおすことで流れがよくなります。
おもなツボは足のつけね、おなか、わき、首のつけねなどにあります。手の親指で気持ちいい程度の強さで押したり、離したりします。
マッサージのあとはコップ一杯の白湯をのむとよいでしょう。

リンパをマッサージしてむくみを撃退しよう

 夕方になると足がむくんで靴を履くときにきつく感じたり、お酒を飲みすぎた翌日は顔がむくんでいたり、とむくみを感じる人が多くいますが、リンパを流してあげるとそのむくみが解消されます。
リンパ液は血液のように常に流れているわけではありません。
運動をしたりマッサージをしたりしないと、流れないのです。
そのため、何もせず放っておくと、滞りが生じ、体のいたるところがむくんでしまうのです。
 流れを良くするマッサージのやり方は、強い力で揉むのではなく、さするように皮膚をなでます。
手や足の末端から心臓に向けてマッサージをします。
そして、膝や肘などの関節にはリンパ節があるので、よくさすると老廃物が流れやすくなります。
これらのマッサージを行うときは、アロマオイルやクリームなどをつけて行うと滑りがよくなり、肌に負担もかけないのでよいでしょう。
好きな香りのもので行うと、リラックス効果も手伝って、精神的にも良い気分になって、体もスッキリとするでしょう。

Valuable information

アスペルガー診断
http://kidshug.jp/d_grow/d02/dc03/

最終更新日:2016/1/28

 

Copyrights(c) 2015 Body Care Navi. All Rights Reserved.