Body Care Navi
 

オフィスマッサージ

従業員の福利厚生を高めるオフィスマッサージ

会社で働く従業員の心身の健康を促進するために、福利厚生の一環としてオフィスマッサージを導入する企業が増えています。
オフィスマッサージとは、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を持っているマッサージ師にオフィスまで出向いてもらい、従業員に対して施術を行ってもらいます。
従業員は仕事で疲れた身体を手技療法による施術で揉みほぐしてもらえますので、肩こりや腰痛の予防に貢献します。
リラクゼーションの効果も期待できますので、仕事でのストレスを解消して、気持ちをリフレッシュすることができます。
施術を行う場所は会議室などの広い部屋を使用する場合が多く、折りたたみ式のベッドの上に寝て施術を受けます。
施術の時間は20分から60分程度の場合が多いです。
従業員は無料で施術を受けることができ、会社側は福利厚生費として経費処理することが可能です。
高額なお金を必要としないため、手軽に導入できる点が企業側にとってはメリットがあります。

オフィスで実践できる簡単なマッサージ

一日中パソコンを使うオフィスワークの方は、肩や腕、背中、腰と色々な部位に疲れや凝りを感じるでしょう。
長時間同じ姿勢を続けていることで、血行が悪くなり鈍い痛みとなって現れます。
眼精疲労になると目だけでなく首や頭も痛くなるので、痛みが現れる前に予防対策を考えましょう。
血行不良を改善するためにはマッサージが有効です。
自分でできる簡単なマッサージなら、オフィスにいる時でも手軽に実践できます。
周りにいる同僚たちにも気付かれないように、小さなアクションでできるマッサージを覚えておきましょう。
血液とリンパ液の流れを意識しながら凝り固まった部分を揉み解していきますが、肩を上げ下げしたり小さく回すだけでも循環が良くなります。
また鎖骨の下の部分をマッサージするとリンパの流れが改善するため、肩こりによる痛みがすーっと引いてラクになるでしょう。
座っていると足がむくみやすくなるため、曲げ伸ばしをしたり足首をぐるぐると回すだけでも血行促進効果があります。

recommend

北九州 不動産

Last update:2017/10/13

 

Copyrights(c) 2015 Body Care Navi. All Rights Reserved.